都市の人口を見てみると

東京特別区がダントツなのは当然のこととして、それ以降は?

一目見て、関東集中です。
それでは、ランキングです。



 東京特別区


 横浜市


 大阪市


 名古屋市


 札幌市


 神戸市


 福岡市


 京都市


 川崎市


 さいたま市



横浜市が大阪市に結構な差をつけているのですね。
そして名古屋市と続きます。

三大都市とはどこ?

最近福岡市が京都市を抜き、神戸市に迫る勢いです。

ただ、その福岡市も札幌市と比べても規模は小さく、
まして東京を含めたビッグ4にはまだまだですね。


なぜこの話をするかというと、福岡に住んでいる人は
日本の三大都市を
「東京・大阪・福岡」と思っている人が結構います。

東京・大阪・名古屋だったり、
東京・大阪・京都だったり、
東京・横浜・大阪だったり、
京都・大阪・神戸だったりと

三都の考え方はいろいろありますが、
「東京・大阪・福岡」はバランスからしてちょっと無理があります。

でも福岡では「東京・大阪にしかないものがここ福岡でも・・・」
という類の惹句がよく聞かれます。

福岡の人は(福岡のマスコミは?)そういうのが実際好きですね。
札幌の人はどうなのでしょうか?

100万都市!

人口が100万人以上の都市、
いわゆる100万都市は仙台市までの12都市(含む東京)です。

北九州市は100万都市が誇りだったのですが、
いまでは100万人をきっています。
確かに産業構造の変化というのは大きいようです。

さて政令指定都市ですが、
人口だけが要素ではないことは既に触れました。

上のグラフは50万人以上の都市です。
つまり条件のひとつを満たしている都市が現在のところ8つあります。

あとは、その都市がどれだけ
地域の中心都市であるかということも関係します。


政令指定都市の区の数ランキング