政令指定都市都道府県別ランキング

では、政令指定都市の数はどの県が多いのでしょうか?
政令指定都市数の道府県別ランキングです。



 神奈川県  3


 福岡県   2


 大阪府   2


 静岡県   2


 京都府   1


 愛知県   1


 兵庫県   1


 北海道   1


 広島県   1


 宮城県   1


 千葉県   1


 埼玉県   1


 新潟県   1


 岡山県   1


 熊本県   1



指定の歴史 20世紀編

北九州市が1963年に政令指定都市になってから、半世紀です。
本当にとても早かったのですね。

それから9年後の1972年、ようやく次の動きが出ます。
札幌市と川崎市そして福岡市が政令指定都市になります。

札幌市は北国の代表です。

川崎市は東京を中心都市圏すなわちメトロポリスであり、
東京とも横浜市とも隣接している都市です。

そして、北九州市に先を越された福岡市。
やっと準備が整い念願の政令指定都市です。


そのあとは1980年に中国地方の中心都市広島市が、
1989年に東北地方の中心都市仙台市が指定されました。

広島市は1971年からの5年間で
周辺町村を10以上編入しています。
仙台市は1987年と88年に3市町を編入し、
太平洋岸から山形県境までを市域としました。
拡大し、人口が増えることによって指定されるタイプです。

そのあとに続く各都市の模範ともなりました。
1992年の千葉市は順番からいって当然というところでした。

メトロポリスの一角として人口も都市の規模も大きくなっていた
千葉市です。
そしてこの年にロッテマリーンズが千葉にフランチャイズを移しています。


21世紀の政令指定都市